鬱の治療法の中には、磁気刺激による治療法(TMS)があります。TMS(経頭蓋磁気刺激法)は、鬱の最新治療の一つで、機械で強力な磁気を発生させた8の字型のコイルを頭の表面に当てて、脳に直接刺激を与えるというものです。刺激を与えるのは、頭の前の部分で、前頭葉と呼ばれる所です。鬱の患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)さんは、前頭葉(塗り絵や歯磨きなど意外な方法でも活性化できるようです)の血流量が少ないと言われています。前頭葉の左側にあるDLPFCと呼ばれる背外側前頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)前野が活性化すると、鬱の症状が改善されるという事が研究によりわかってきました。そのなかでも、不安や悲しみ、恐怖などの感情を司っている扁桃体がカギだとされています。この扁桃体が感情(抑制しすぎると、ストレスが溜まり、いつか爆発する可能性が高くなります)を制御できず、マイナスの感情(あまりにも激しすぎると人付き合いが難しくなるものです)ばかりの状態が鬱であると考えられているのです。DLPFCは、扁桃体の制御不能な状態を抑える働きを持っています。そのため、TMSで脳に刺激を与える事で、本来の機能を取り戻す事が可能だと考えられているようです。この磁気刺激を毎日数分、継続して行う事で効果が現れると言われています。ただし、海外では鬱病の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)に導入されているものの、日本では安全性や有効性といった観点から、まだ正式には承認されていません。ごく一部の大学病院などでは実施されているようですが、正式な治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)として認められるまでは数年かかるそうです。まだまだ研究段階ではあるのですが、注目の治療方法として研究が進められていますし、将来的には日本でも取り入れる病院が増えてくる事でしょう。一日でも早く、正式な治療法として確立されるといいですよねー